• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」
2)比べる
1組目の立体を2つの箱から取り出し、実際に比べる作業に入ります。
まず、各自のノートに自分の意見を書き、それを発表しあいます。
その際に坪田先生は、1人の子どもがつぶやいた「2つ考えられる」という言葉を全員に伝えることで、この問題がオープンエンド(答えが1つではない)であることを示唆されました。
1組目の立体
※1組目の立体
作業後は、既習である「円柱」「立方体」という2つの立体の名前を確認します。
「立方体かどうか、わからない」という発言に対して、立方体の定義を「どこから見ても正方形」などの発表をもとに「6個の正方形で囲まれた立体」と確認しました。

次に、発表された意見は、移動ができるようにカードに書いて、黒板に貼られていきます。

1組目の発表
※1組目の発表結果
各々の発表に対しては、坪田先生は「(「頂点がない」という特徴は、ほかとは)言い方は違うけど、いいところに目をつけているから入れよう」や、「(置き方については)今までの人が見ていない見方をしているわけだ」など、子どもの意見の価値を全員に伝えながら進行されました。


ページトップに戻る