• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」
4)まとめる
4組の検討が終わり、「赤にあって、青にないもの」が4つに確定しました。
ここで、坪田先生から、「赤い箱から出てきたものは1つの仲間と見ることができるね。この仲間に名前をつけよう」という提案が出されました。

名前をつけよう
※名前をつけよう。
子どもたちからは、「円」のみに着目した「円体」と「円あり角なし形」が発表され、「回転体」につながる発言はありませんでした。
そこで、坪田先生は「この立体はどのように作られているか」という新しい観点を提示した上で、割り箸を心棒にした紙の長方形を回しました。
すると、子どもたちからは、「おおー!」という驚きの声が一斉に上がりました。
その後、各自に画用紙と割り箸が配布され、円柱をつくったり、色を塗ったり、ほかの複雑な形をつくったり、さまざまな方法を思いついていました。

回転体

最後に、坪田先生からクイズが出題されました。

クイズ
※左はドーナツ、右はバームクーヘン
子どもたちはこのクイズに難なく答えることができ、ここまでの活動によって、子どものイメージする力が格段に上がっていることがわかる一瞬でした。


ページトップに戻る