• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」
2.協議会より
授業終了後に、参観されていた先生方との協議会が開かれました。
そこで坪田先生が話された内容から、立体を見る目についてと算数授業のルールについてをご紹介します。

1)立体を見る目(視点)を広げる
1つの立体は、さまざまな見方ができます。このような立体についての視点を見直すことで、各学年の発達段階に応じて、さらに中学校の学習との関連もふまえて、カリキュラムを再構成する必要があります。

※「立体を見る視点」の資料はPDFでご覧ください。


2)授業について
学級の中で、次のような「算数授業のルール」が暗黙のうちに成り立っています。

(1)全部を説明しなくてもいい。
(2)ある発表に対して、別の人がその内容を説明する。
※1つの材料をみんなのものに広げていくことができる。
(3)素直に質問する。みんなのためにヒントを出せる。
(4)お互いに協力し合う、批判しあう、反対の例を言うなど、自分が思ったことを自由に話せる学級の雰囲気をつくる。

そして、子どものつぶやきにもアンテナをはって、いい意見は「もう1回みんなの前で言って」と取り上げることを大切にされています。


ページトップに戻る