• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」
2.いろいろな「授業研究」

授業研究会もいろいろと整理してみると、さまざまな研究会があります。
ひとつは官製の研究会。教育委員会などが主催する、初任研とか十年研とか、これも授業を伴う研究会があります。それから地区のそれぞれの主催による研究会というものがあります。千代田区の研究会、世田谷区の研究会とか、東京で言うと「区教研」と言われるものです。ここでは、同じ学校の先生ではなく、チームが集まって事前の検討などをします。それから、日本の大半の学校でやっている「校内研究会」があります。これも校内の先生方がいろいろ検討してやる研究会ですね。各県にある国立大学の付属の学校が発表会を伴って公開の授業研究を行うというのもかなりパターン化されたものです。また、有志の先生方が集まる、たとえば、私の学校でやっている「全国算数授業研究会」も、夏や冬に大会を開いて公開の授業をしております。それから、民間団体が行う研究会があります。また、研究会ではない、何々セミナーというものがあります。このセミナーも、「財団法人 研数学館」が主催してくれている研究会です。


そのほか、「授業研究」の発表の場として、算数教育に関わる雑誌なども多々出ているわけで、私が個人的に読んでいるものは日本数学教育学会という大きな団体の学会誌です。算数に関わる『算数教育』は隔月に送られてきます。もうひとつ大きな学会に「新算数教育研究会」というのがあり、『新しい算数研究』という月刊誌があります。お読みの方も多いと思います。私の学校独自で『教育研究』という雑誌も作っています。『算数授業研究』という隔月誌もあります。このような雑誌は授業を伴ったものが記録されていくものですから、そういうものを読むことが自分たちの知識を深めていくことになろうかと思います。


最後に、授業研究会の持ち方、これもいろいろだと思いますが、校内研究会というのを取り上げると、事前に先生方がチームを組んで指導案の検討をするというのが一般的ですね。一人に任せず、近くにいる先生方と相談しながらやっていきます。しかしこれは上手にやらないと周りの先生方のご意見がたくさんあり、それを全部受け入れようとすると共通項しか残りませんから無味乾燥の授業しかできなくなってしまうのです。最近はチームティーチングや少人数に分かれて同じ指導案でやるということもありますが、本番の授業を迎える時には授業者が最大の責任を負ってやるしかないわけですから、指導案の段階で誰がどう言おうと責任は全部自分にかかってくるというのを承知の上でやることが大事だと思います。


授業の後には協議会があります。良い協議会であれば代案が出されて、こういうところが良くなかったのではないか、もし私ならこういうふうにしますというような案が出されます。最近いろんな学校にお招きいただくと、協議会で川喜田二郎さんが発案された「KJ法」を利用しているのを目にします。授業中に見学する先生方がお気づきになった良いところと悪いところを色違いの付箋に書き、授業が終わったあとでその付箋が集められ協議会までに全部印刷して配られます。手を挙げていちいち発言しなくても、そこに皆の意見があるということです。何とか工夫をしていろんな意見を取り入れようとする姿だと思います。
それから、だいたい研究授業が終わると反省会で終わりなのですね。しかし、できれば事後の処理というのをやられるといいと思います。協議会でいろいろと言われたことを思い起こして「改善の指導案」というものが残されていくと、自分自身のためにもいいし、他の方の役にも立つと思うのです。



ページトップに戻る