• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」
3.研究授業の内容検討

研究授業あるいは授業研究会に的を絞って、その内容についてもいろいろと検討することがあると思います。
一つ目は、学校の研究、地域の研究、それぞれについてのテーマがあります。この「テーマへの関連付け」ということを考えます。たとえば、「主体的な児童を育てる」というようなテーマ。そういうテーマに関連付けないと授業は成り立たないと思います。


二番目に「本時の狙い」を設定して授業を行いますが、最近は観点別の評価項目に合わせて目標を分析するというような姿が多くなりました。「関心・意欲・態度」の項目、「数学的な考え方」の項目、「表現処理・技能」の項目、「知識・理解」の項目に、目標を分析して書き、指導案を書くということが多いようです。それらを全部頭に入れて授業をやるのは至難の業だと思うのですが、分析して書く、授業者本人が書くことに意味があると思います。学年で検討して、指導案は私が書くからあなたは授業をしなさいと、これをやると大失敗を起こします。他人任せの授業はうまくいきません。自分自身で書くというところに勉強の基盤ができるのです。


三番目に、いよいよ「教材分析」が行われることが普通だと思いますが、授業における材料、その算数的な価値を考えるのが教材分析です。
四番目に、ではどういう材料を使うか、「教具の開発」。
五番目に、導入はどうするかということが考えられます。「導入のあり方」。
六番目に「話し合いの持ち方、子どもに発表のさせ方」。このようなことを検討します。
七番目に、まとめはどうやるか、「まとめのあり方」。これも頭に入れておかないと、授業は空中分解を起こします。
八番目に「発展のさせ方」。まとめと終わりばかりではいい授業とはいえないと思いますが、もしも、もう少し先まで突っ込むとしたらどういうことが考えられるかという発展のさせ方です。
九番目に、「訓練・ドリルのあり方」。研究授業そのものの中では、あまりダイレクトには見えませんが、このことの訓練はどうやっておこうか。
十番目に、「宿題」。これも本当はあまり研究授業ではダイレクトには出てきませんが、家庭にまで持ち帰って考えるようなものがあるといいというようなことまで考えに入れておくと授業は非常にうまくいくと思います。
あとは、研究授業の前の日までに頭の中でシミュレーションができるかどうかです。そういうことを検討することが普通だと思います。


もっと深く考えますと、いい授業へ向けては教師の意識ということが最も大事だと常々思います。若い先生は教材にばかり検討の力を注ぎますが、教育観とか児童観、授業観、教育とはどうあるべきなのか、子どもとはどういうものなのか、どういう風にしたいのか、いい授業とはどういう理想像として描けるのか。このような意識を持って授業にあたるということが私は大事だと思います。これのない授業は本当に上っ面をなぞっている授業だと私は思います。面白いなと思う授業の裏には、きっとその授業者が教育についていろんなことを考えているのです。授業とはどうあるべきかという考えを持っていて、担任した子どもを一年後にはこうしたいと、きちんと親に表現できるかどうか。そんなことが言える先生は、骨の通った授業ができるのではないかと思います。


それから、技術的なことも大事ですね。発声の仕方、声の出し方、こういうことも気をつけないといい授業にはなりません。黒板の文字の書き方、丁寧に文字を書くということも必要だと思います。私は若い頃子どもたちが帰った後に、一所懸命に黒板に「あいうえお」とひらがなを書きました。チョークで黒板に「あいうえお」を書いて、教室の一番後ろまで行ってじーっと見ると、ああこの字は下手だなとか、自分は「ふ」と書くのがうまく書けないなとか、そういうことを知り、何度も練習する。そういうことを疎かにすると、やはりいい授業にはなりません。


最後にもうひとつだけ、「ユーモアがある授業」というのはいいと思いませんか。授業中に子どもが笑う、そういう場です。学校で廊下を歩いていると笑い声が聞こえてくる教室は、ああ、いい授業をしているのだなと思います。先生にゆとりがなければできないと思いますが、こういうユーモアを感じさせるような授業。私が在籍する学校の先輩は、笑い声がひとつもない授業はもうそれだけでだめだとおっしゃる先生もいます。子どもがニコニコしたり、ワハハと笑えたりするような場面があるといいなあと思うのです。



ページトップに戻る