• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」
7.まとめ


みんなが今日見つけてくれたこれらは、結構おもしろいものがありますね。斜めに見ているのもありますが、縦に見たらといったとき、点・辺・面を全部たすと何角柱の6倍に2をたした数になるというのがありました。点と辺と面を全部たしてみたらどうなっているかというのはおもしろい見方だと思いました。また、点と面をたしてから2をひくと辺になっているということを一つの式にまとめました。こちらもおもしろい見方ですね。


これらは、すべてきまりを発見してくれたのです。そして、みんなは当たり前だと言いましたが、その当たり前のわけもきちんと説明してくれました。見出したものを当たり前だと言いながら、式でこの「なぜの説明」をしています。「なぜの説明」が式でできているというのは、それはみんなが素晴らしいのだと思います。それが当たり前のように感じられるというのは大したものだと思います。また、頭の中でよく式を変形したと思ってびっくりしました。

 

今日取り上げたのは、立体の角柱です。角柱の中にこんなおもしろいきまりがあります。点と辺と面の数について、こんな式に変形できるようなきまりがあるということを見つけられたことは素晴らしいと思います。


ページトップに戻る