• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」

6.まとめにおいて留意すること

ここでは、「(1)まとめのタイプに応じた振り返りができること」を、一番重要に考えたらいいのではないかと思います。
一時間の授業でまとめをしますと言って、まとめをもう一回言うのではなくて、授業のそこここに出てきた大事な考えをその都度黒板に書いておいたら、授業の最後に「今日の大事なところは、誰々さんが言ったこのことでみんなの気持ちが変わったね」などとやって振り返る場になります。その振り返ることが大きなまとめになっていれば、一番いいわけですから、授業の途中であとでこれをポイントにしようと思うことを色チョークで書いて残していく。そして、授業の最後にもう一回振り返って見直す。こんなことができると、子どもは授業の途中で頑張らなければいけないということになります。ところが、最後に先生が教卓の中からまとめの公式かなんかを出すということが繰り返されると、頭のいい子は「ああ、最後の5分だけ緊張していればいい」ということになってしまいます。刷り込み現象なのです。こういうことのないような授業を展開すればいいのではないかと思います。

 

今日のこの内容は、新しい学習指導要領が告示されたのを受けて、次年度のこの研数学館のセミナーのときにも、テーマとして挙げられればいいなと思っております。来年度も多々企画いたしますので、是非また参加していただければと思います。