• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」
(3)指導目標に応じた教材の取り扱い方、活動の取り扱い方を充分に検討すること。


新しい学習指導要領では、A~D領域の次に「算数的活動」という項目が増えました。このことは来年度の研数学館の講座で詳しくやろうと思うのですけれど、算数的活動の活動例が載せられていて、これはこういうように授業をやりなさいよという例なのです。その例をよくよく読むと、末尾にいろいろな活動の仕方が書いてあります。「まとめて数える」、「比べる」、「形を分解する」、「式を具体場面に結びつける」などなど。この末尾を見るといろいろな授業が想定できます。

五年生の図形には、「三角形の内角の和が180°になることを帰納的に考え、説明する」という活動例が書いてあります。「帰納的」というのは、いろいろな場面を見つけて共通なきまりを見つけて、こういうことを「きまり」としていいのではないかという、きまり発見の活動です。三角形の内角の和は論理的に説明するのは小学生では大変ですから、いろいろな三角形を描いて分度器で測ったりいろいろな操作をして、どういう三角形でも内角をたしたら180°になるぞという発見をします。今まで、学習指導要領に帰納的な考え方なんていうのは載ったことがありません。しかし、数学教育の非常に大事なことです。そういう活動を大いにさせろということですね。 また、「四角形の内角の和が360°になることを演繹的に考え、説明する」という例もあります。これは、「帰納」に対しての「演繹」という言葉です。だから、四角形の内角の和は、いろいろな四角形をかいて分度器で内角を測って合計したら360°になったでは、だめだということです。三角形の内角の和を利用して対角線で分けたら、こっちは180°、これも180°になった。だから、いちいち測らなくても四角形の内角の和は360°になりますという説明ができることが大事だということです。このように、活動の取り扱いを充分に考えて授業をするということがポイントだということです。