• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」
(4)子どもは何ができて何ができないかを明確にとらえた上で、指導目標を設定する。


例えば、二年生が九九をつくっていくときに、前にもここでお話しましたが、六の段で「六六、36の次は、6ずつ増えるから六七、42です」と簡単に言っていいものかどうか。36に6をたすということは、繰り上がりのあるたし算をやるわけです。二年生が、繰り上がりがあるたし算を暗算状態ですぐできるかどうか。もし自分の受け持っているクラスの子どもが不十分だなと思ったら、その繰り上がりのあるたし算をしっかりやらないとだめなわけです。教科書に六の段をつくるという学習があるからさっさとやりましょうと言ったら実態に合わない指導になってしまうということです。こういうことを気をつけてやる。新しい学習指導要領でも、「反復」による教育課程の編成がされていますと言っているのです。だから、繰り上がりのあるたし算は一学期にやっておいて、九九は二学期だからもういいというわけではなく、もう一度そこで反復してやるというチャンスがありますということです。これは、自主的に考えるしかないのですけれど、そういうことを考えていくことが大切なのです。