• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」

3.子どもに発問する際に留意すること

私は、「(4)発問のオープン性とクローズド性に留意しておくこと」が一番大事だろうと考えます。先生の問いかけに対して、子どもの応答がいろいろになることが想定されるのか、たった1つになることが想定されるのか、これを先生が自分ではっきり意識していないで発問してしまう場合が結構あります。唯一の答えを期待して言っているのか、いろいろ出てきて当然ということを承知してやっているのか。「いろいろ考えてみましょう」というのか、「1つだけ言ってご覧なさい」なのか、「できるだけでいいです」というのか。そういうような問いかけというのがいろいろあろうかと思います。だから、そういう発問の仕方を工夫しておくということが非常に大事だろうと思います。