• Home
  • 算数の王道をゆく
研数学館の算数・数学連続セミナー第8回
「算数授業力アップの実践と改善」
筑波大学附属小学校 学習公開・研究発表会6年生
『「角柱」の構成要素の基本的関係から発展的内容を見出し説明する』授業
研数学館の算数・数学連続セミナー第7回
「新しい学習指導要領の方向」
研数学館の算数・数学連続セミナー第6回
「公開授業研究会」
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第5回
「ハンズオン・マス研究」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第4回
「小学校算数の基盤となる数学」その1
研数学館の算数・数学連続セミナー第3回
「考える子どもを育てる」
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会2
静岡県芝川町立芝富小学校
研究発表会
静岡県立富士高校
PTA講演会
『算数授業研究』公開講座
「「好き」が支える本当の学力」第2回
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その2
研数学館の算数・数学連続セミナー第2回
「自作教材の作り方」その1
筑波大学附属小学校
学習公開・研究発表会
研数学館の算数・数学連続セミナー第1回
「学力テストをいかに授業に活かすか」

4.子どもを指名する際に留意すること

特徴的なのは、「(3)発表者とは別の子に説明させること」です。これはできるようで、なかなかできないのです。例えば、発表の場面で1人の子どもが黒板に式を書きますね。式を書いたあと先生は、どうしてそういう式になったかを説明してごらんと言ってしまいます。もう、その子の一人舞台です。そうではなくて、式が書けたね、素晴らしい。では皆さん、どうしてこの式になったのかをお話しできますかというような聞き方をすれば、みんなが顔を上げます。そして自分とは違う式かもしれないのだけれど、それに付き合って考えていこうという気持ちになっていくような態度が生まれます。あるいは、すぐ質問をするような教室になっていきます。そして、こういうことを一回だけではなくて繰り返しやる。先生がいつもそういう態度で応答するというのは大事なことです。私は教室でやるときに、式を書いた子が自分で説明したそうに私の顔を見るので、では誰かを指名しなさいと言います。先生が指名するのではなくて、子どもが「私のこの式説明できる人いますか」とやります。そうすると、ハイ、ハイ、ハイと別の子が出てきて説明します。こういうことをパターン化すると、それが当たり前のクラスになっていくということになろうかなと思います。